歴史/ボリビア共和国



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照


歴史

ティワナク文明の遺産
2,000年以上昔のインカマチャイの壁画
先コロンブス期の発展
B.C.1500年頃からB.C.250年頃 チリパ文化が栄える。
5世紀から12世紀頃 ティワナク文化が栄える。
12世紀頃から1470年頃 ティティカカ湖沿岸にアイマラ諸王国が栄える。
1470年頃から1532年 アイマラ諸王国がクスコに拠点を置いていた、ケチュア人の皇帝パチャクテクや、トゥパク・インカ・ユパンキの征服によりタワンティンスーユ(インカ帝国)のコリャスーユに編入される。インカ帝国内にてアイマラ諸王国は継続。

スペイン人による征服
1532年 インカ皇帝アタワルパがスペイン人コンキスタドールにより処刑され、インカ帝国は崩壊。スペインによる植民地化が始まる。
1535年 フランシスコ・ピサロによりペルー副王領が作られる。また、ディエゴ・デ・アルマグロの遠征軍がアルト・ペルーを探検する。
1538年 ゴンサーロ・ピサロの軍がアルト・ペルーに遠征し、首長アヤビリを降してこの地を植民地化する。
1540年 ラ・プラタ市(後のチュキサカ、チャルカス、スクレ)が建設される。
1545年 ポトシ銀山発見。以降現在のペルーを始めとする諸地域から多くのインディオが鉱山のミタにより、ポトシで強制労働させられることになる。
1548年 アロンソ・デ・メンドーサにより、ティティカカ湖の近くにヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・パス市が建設される。
1559年 チャルカス(現スクレ)に聴問庁(アウディエンシア)が設置される。この頃から独立まで現ボリビアの地域は「アルト・ペルー(高地ペルー、上ペルー)」と呼ばれる。
1559年 東部のチャコ地方にサンタ・クルス・デ・ラ・シエラが建設される。
1569年 ペルー副王フランシスコ・デ・トレドの統治が始まる。銀山採掘のためにポトシは人口十万人を超える都市として発展し(当時のロンドンより大きい)、銀採掘のためにミタ制によりかき集められたインディオは、過酷な労働と病気で次々に死んでいった。
18世紀 ポトシの銀が急速に枯渇する。
1776年 アルト・ペルーがペルー副王領からリオ・デ・ラ・プラタ副王領に転入され、以降経済や司法が副王首府のブエノスアイレスに従属することになる。スペイン本国生まれ(ペニンスラール)の少数支配に反対して現地生まれのスペイン人(クリオーリョ)による反抗運動が起こった。
1778年 ブエノスアイレス港が正式に開港し、以降アルト・ペルーの海外貿易がブエノスアイレスを通じて行われるようになる。
1780年 ペルーでトゥパク・アマルー2世が植民地政府に反乱を起こす。
1781年 ペルーのトゥパク・アマルー2世と呼応して、レパルティミエントやミタ制の重い負担の廃止を求めた、アイマラ族 のトゥパク・カタリによる反乱蜂起があったが、これは鎮圧された。鎮圧後、インディオに対する当局の弾圧は強まった。トゥパク・カタリは現在もボリビアの国民的英雄になっている。

解放戦争から独立まで

初代ボリビア大統領にして「解放者」、シモン・ボリバル1809年 ラパスとチュキサカでクリオーリョによる独立運動が起こる(ボリビア最初の独立運動であり、キトと共にラテンアメリカで最も早かった)。
1810年 ラパスで起きていた革命運動は、ペルー副王アバスカルの指導によりすぐに王党派に鎮圧され、革命評議会のペドロ・ドミンゴ・ムリーリョは処刑された。その後リオ・デ・ラ・プラタ連合州が独立派に支援軍を送るがことごとく王党派軍に打ち破られた。
1816年 トゥクマンの議会により、リオ・デ・ラ・プラタ連合州が独立を宣言する。アルト・ペルーの代表者も出席した。
1823年 再び独立戦争始まる。
1824年 シモン・ボリバルとアントニオ・ホセ・デ・スクレの率いるベネズエラからのコロンビア共和国の解放軍により、副王ホセ・デ・ラ・セルナの率いる王党派軍がアヤクーチョの戦いで壊滅。インディアス植民地の最終的な独立が確定する。
1825年8月6日 ボリバルの協力により、スクレ元帥がアンドレス・デ・サンタ・クルスと共に、アルト・ペルーをスペインから解放した。アルト・ペルーの支配層はそれまで同一の行政単位を構成していたペルーやアルゼンチンとの連合を望まなかったため、チュキサカでアルト・ペルー共和国の独立が宣言された。

独立から混沌へ

第2代大統領にして「アヤクーチョ大元帥」
アントニオ・ホセ・デ・スクレ
ペルー・ボリビア連合の領域1826年8月 アルト・ペルーはボリバルの名に因んで、「ボリビア」という国名になり正式に独立した。同時に首都も憲法上はチャルカスが改名されてスクレとなった。スクレが大統領に就任する。自由主義的な改革がなされるが、保守派の恨みを買い、ベネズエラ人の支配を嫌う声も囁かれた。
1828年 スクレ大統領が侵攻してきたペルーのアグスティン・ガマーラを打ち破るが、すぐにガマーラと結んだ国内保守派の陰謀により追放される。(実はサンタ・クルスも関わっていたといわれている。)
1829年 ボリバルの推薦により、サンタ・クルスが大統領に就任する。サンタ・クルスはインカ帝国の後継者を自称し、大学、港湾、鉱山など国内の開発を続け、軍備を強化した。また、保護貿易を導入して国内の綿産業を保護した。
1836年 大統領のアンドレス・デ・サンタ・クルスがアグスティン・ガマーラを破ってペルーを併合し、ペルー・ボリビア連合を打ち立てる。連合は三州に分けられ、首都は南ペルー共和国のタクナに置かれた。
1839年 連合に脅威を抱いたチリ(既に死去していたディエゴ・ポルターレスの影響が大きい)とアルゼンチンのフアン・マヌエル・デ・ロサス軍の攻撃により連合は崩壊する。これによりサンタ・クルスが追放されるとボリビアは無政府状態に陥った。
1841年 国内の混乱の中、サンタ・クルス派のホセ・バリビアンがペルーから侵攻してきたアグスティン・ガマーラをインガビの戦いで打ち破り、ガマーラは戦死した。以降、ペルーとボリビアの合邦を望む動きはなくなった。
1847年 メスティーソの軍人マヌエル・イシドロ・ベルスの反乱によりバリビアンが亡命する。
1848年 ベルスが大統領になる。ベルスは保護政策を採り、ポプリスモ的な政策で大衆の支持を得る。
1857年 ホセ・マリア・リナレス文民政権成立。ボリビア初の文民政権として自由主義政策を採り、インディオを弾圧した。このころ太平洋沿岸部のリトラル県(アントファガスタ)で最初の硝石鉱山が発見された。
1861年 クーデターによりリナレスが追放される。
1864年 それまで影で権力を握っていたベルスを暗殺したメスティーソの軍人、マリアーノ・メルガレホが政権につき、国内の混乱が頂点に達する。「野蛮カウディージョ」と呼ばれたその手法により国内すべての階層が大打撃を受け、特にインディオは大弾圧され、共有地は解体されて奪われた。その後メルガレホはアントファガスタの硝石の採掘権をチリに売却した。
1871年 メルガレホ大統領が失脚する。
1874年 バリビアン政権の永代所有禁止法により、インディオの共有地は壊滅的な被害を受け、以降インディオは鉱山やプランテーションの日雇い労働者となっていった。
1879年 アントファガスタをチリに占領され、さらにペルーと硝石問題に関して秘密同盟を組んでいたことが仇となり、チリに宣戦布告された。(太平洋戦争)。
1883年 ペルーとチリの間での太平洋戦争の休戦。チリに対する事実上の敗北が決まる。

内陸国化と相次ぐ敗戦

ボリビアの領域の変遷。戦争により広大な領土が近隣諸国に併合された1884年 チリとのバルパライソ条約で銅と硝石の鉱山が豊富な太平洋岸の領土(リトラル県)を割譲し、海への出口を持たない内陸国になる。保守党のグレゴリオ・パチェコが大統領になり、以降鉱山主の支配が1899年まで続く。
1888年 この頃から北部のアクレにブラジル人が侵入してきた。
1899年 アクレに入植したブラジル人ゴム労働者の反乱によりブラジルと紛争が発生(アクレ紛争)。同時にこの年初の日本人移民が渡り、リベラルタやトリニダのゴム農園に就労した。錫鉱山主を基盤にするラパスの自由党が反乱を起こし、スクレ・ポトシの銀鉱山主を基盤にしていた保守党支配が終わった(連邦革命)。以降自由党のホセ・パンドが大統領になり、以降自由党の支配が1920年まで続く。
1900年 自由党派がラパスを拠点としていたため、議会、政府がスクレからラパスに移転し、ラパスが事実上の首都になる。
1903年 アクレ紛争に結果的に敗北し、ゴムの一大生産地だったアクレ県をブラジルに割譲。
1904年 チリと正式に和平条約を結び、リトラル県の割譲を承認した。
1910年 錫の生産量が1890年代の20倍に達する(「錫の世紀」)。
1914年 コチャバンバの農園主らが基盤となって共和党が結成された。
1920年 クーデターにより自由党支配が終わる。
1921年 共和党のバウティスタ・サアベドラが大統領になる。在任中にスタンダード・オイル社により東部低地地帯の油田開発が進む。
1926年 共和党のエルナンド・シレスが大統領になる。
1929年 大恐慌により大打撃を受け、社会不安が起こる。
1931年 共和党右派のダニエル・サラマンカが大統領になる。7月、パラグアイと国交断絶。
1932年 6月にサラマンカ政権、植民地時代からの領土問題を持ち出し、グラン・チャコ地方とパラグアイ川の通行権を求めてパラグアイに宣戦布告(チャコ戦争)。
1935年 ボリビア領の東部油田地帯に侵攻したパラグアイと休戦。ボリビアの戦死者は6万5000人。ボリビア、パラグアイ共に財政は崩壊状態になった。

チャコ戦争後の不安定化
1936年 チャコ戦争後、白人寡頭支配層への批判が強まり、チャコ戦争の参謀総長だったダビッド・トロ・ルイロバがクーデターにより大統領に就任。「軍事社会主義」(国家社会主義)を掲げた。
1937年 スタンダード・オイル社が国有化された。これは同時期の、メキシコ革命のラサロ・カルデナス政権による油田国有化に先立って、ラテンアメリカで初の外資国有化政策となる。この社会主義的政策は支配層に嫌われ、同年保守派によりトロは追放され、保守派の支持によりチャコ戦争の英雄だったドイツ系のヘルマン・ブッシュ・ベセラ中佐が大統領になるが、ヘルマン・ブッシュはすぐに保守派との戦いをはじめ、錫財閥との対決を図った。
1938年 チャコ戦争が正式に終結。ブエノスアイレス講和条約によりチャコ地方がパラグアイの領土となる。領土が最大時の約半分になる。この時期にヘルマン・ブッシュはナチスの躍進するヨーロッパからユダヤ人の受け入れを宣言した。
1939年 ヘルマン・ブッシュが暗殺される。
1941年 ビクトル・パス・エステンソロやゲバラ・アルセらにより、民族革命運動党 (MNR)結成される。
1942年 カタピ鉱山の労働争議で鉱山労働者700人が虐殺される(カタピの虐殺)。
1944年 フアン・レチンにより、鉱山労働者組合連合が結成される。
1951年 MNRが大統領選に勝利するも、クーデターにより軍部に政権を奪われ、MNRは非合法化され、このことに対する国民の不満が高まる。


ボリビア革命とその挫折
1952年4月 鉱山労働者らの武装蜂起。MNRによる政権樹立。ビクトル・パス・エステンソロが大統領に就任し、ボリビア革命が成功した(4月革命とも)。インディオに選挙権や公民権が付与された新憲法が採択された。また、革命政権の国策として、この頃からサンタクルスを中心とする東部の低地地帯の開発が進む。
1956年 エルナン・シレス・スアソ政権成立。
1959年 農地改革が行われ、大プランテーションが解体され、インディオの小作人に土地が分与された。
1960年 第2次パス・エステンソロ政権成立。軍が再建される。
1964年 第3次パス・エステンソロ政権成立するも、軍によるクーデターによりMNRが失権。ボリビア革命が終焉する。大統領となったレネ・バリエントスらの軍部とボリビア共産党の対立が進む。
1965年 軍事政権、インディオ農民を基盤とすることに成功する。
1966年 キューバ革命の指導者、チェ・ゲバラがウルグアイ人のビジネスマンとしてボリビアに潜入し、ボリビア民族解放軍(ELN)を設立してゲリラ戦を行う。

ゲバラの戦死から現在まで

南米革命の英雄チェ・ゲバラの記念碑。イゲラにて1967年 バリエントス政権、アメリカ軍の協力の下にゲバラ軍を追い詰め、鉱山労働者がゲバラに同調することを嫌ってサン・フアンの虐殺を行う。そして農民の支持を得られなかったため、キューバ軍特殊部隊と共に潜入していたチェ・ゲバラがゲリラ戦の末、政府軍のオバンド将軍に捕らえられイゲラで戦死。その後、軍とMNRなどの政権争いやクーデターが続く。
1971年 サンタクルス出身のウーゴ・バンセル将軍が政権を握り、外資を導入して経済の回復に努めるが、逆に赤字と債務が増加する。
1978年 カーター合衆国大統領の「人権外交」の影響を受けて、ボリビアでも民主化へのプログラムが進む。
1981年 ガルシア・メサ将軍が政権を握るが、麻薬マフィアとの癒着、反対派への大弾圧により、国際的な批判を呼んだ。
1982年 MNRから民主人民連合 (Unidad Democratica y Popular : UDP)に分派したシレス・スアソが政権を執り、民政復帰。18年に及んだ軍政が終わる。この頃から激しいインフレーションが起こる。
1985年 第4次パス・エステンソロ政権成立。
1986年 100万分の1のデノミネーションで8,000%超のインフレを抑制。エステンセロは他にも新自由主義的改革により、経済危機を乗り切る。
1990年 この年代の中頃に天然ガス田が発見された。
1993年 MNRのゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ政権成立。初の先住民出身副大統領と共に新自由主義政策を採用した。
1997年 「メガ連立」により、第二次バンセル政権成立。コカの栽培の撲滅に全力を挙げる。
2000年 コチャバンバ水紛争
2001年 大規模な天然ガス田が発見される。また、コチャバンバ水紛争の影響と病気によりバンセル大統領が辞任。
2002年 8月にMNRから第二次サンチェス政権成立。しかし、すぐに指導力不足が露呈する。
2003年 ボリビアガス紛争。10月にサンチェス大統領がアメリカ合衆国に亡命。副大統領のカルロス・メサが昇格する。
2006年 ペルーのアレハンドロ・トレドに続いて南米大陸二人目の、ボリビアでは初の先住民出身となる大統領、エボ・モラレスが「社会主義運動」より就任した。
2007年 モラレス政権、ブラジルのペトロブラスなどの外資を国有化し、公約通り天然ガスを国有化した。
2009年 3月、大農場主から接収した土地の所有権を先住民に引き渡した。接収対象になった土地は東部平原地方。