食文化/ボリビア共和国



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照


ボリビア共和国

食文化
食文化としては、パン・ジャガイモ・トウモロコシを主食とし、副食として主に牛肉・鶏肉を食べる。豚肉は高級な食材とされる。クイと呼ばれる天竺鼠の一種も食用としている。暖かい地方ではユカイモ(キャッサバ)やパパイヤ・マンゴーなども食べる。

朝には道ばたでパンを売る姿がよく見られ、高地ではサルテーニャが、低地ではクニャペがよく売られている。

第二次世界大戦前後にドイツなどから逃れてきた人たち(戦前はユダヤ人、戦後はナチスの残党)がビールを広めた結果、ラパスでは「パセーニャ (Pacena)」、オルロでは「ウァリ (Huari)」、コチャバンバでは「タキーニャ (Taquina)」、サンタクルスでは「ドゥカル (Ducal)」など、それぞれの都市を代表するビールの銘柄がある。

ビール以外の酒類としては、スペイン侵略以前から飲まれているチチャという発酵酒や、ブドウを蒸留して作ったシンガニや、中米から輸入したロン (Ron)(ラム酒)などが飲まれる。 ボリビア人のチチャにかける情熱は強く、チチャを侮辱したイギリスの公使が、暴君メルガレホによりロバの背中に裸にしてくくりつけられ、スクレの市中を引き回しにされた事件がある。

余談になるが、ボリビアではリチウムは採取されるが、同じレアメタルでも他の金属は採取されない。例えばランチには滅多に食されないビーツ程に採れない。むしろロシアで産出されるものではないか。

ボリビアの食材